スタッフ紹介

スタッフ

永瀬智

教授

永瀬 智

NAGASE SATORU

卒業年度: 平成3年東北大学医学部卒
学  位: 医学博士
所属学会: 日本産科婦人科学会-代議員、幹事、JOGR Associate Editor
日本婦人科腫瘍学会-評議員
日本臨床細胞学会-代議員
日本産婦人科手術学会
日本癌治療学会
日本癌学会
日本産科婦人科内視鏡学会
日本人類遺伝学会
日本生殖医学会
日本周産期・新生児医学会
日本女性医学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
婦人科腫瘍学会専門医
日本臨床細胞学会細胞診指導医

堤誠司

准教授、病院教授

堤 誠司

TSUTSUMI SEIJI

卒業年度: 平成2年山形大学卒
学  位: 医学博士
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本周産期・新生児医学会-評議員
日本人類遺伝学会
日本遺伝カウンセリング学会
日本超音波医学会
日本産科婦人科内視鏡学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)暫定指導医
臨床遺伝専門医
臨床遺伝専門医責任指導医
臨床研修指導医
新生児蘇生「専門」コースインストラクター
ALSO・BLSO認定インストラクター
五十嵐秀樹

特任講師

五十嵐 秀樹

IGARASHI HIDEKI

卒業年度: 平成5年山形大学卒
平成9年山形大学大学院医学系研究科卒
学  位: 医学博士
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本受精着床学会
日本卵子学会(胚培養士認定委員会委員、JMOR編集委員会委員)
日本産科婦人科内視鏡学会
アメリカ生殖医学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
日本生殖医学会生殖医療専門医
臨床研修指導医
太田剛

講師

太田 剛

OHTA TSUYOSHI

卒業年度: 平成12年山形大学卒
学  位: 医学博士
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
日本癌学会
米国癌学会
婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構
日本癌治療学会
日本臨床細胞学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床研修指導医
婦人科腫瘍学会専門医
川越淳

講師

川越 淳

KAWAGOE JUN

卒業年度: 平成12年山形大学卒
学  位: 医学博士
所属学会: 日本産科婦人科学会
本生殖医学会
日本周産期・新生児医学会
日本受精着床学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
須藤毅

助教

須藤 毅

SUTO TAKESHI

卒業年度: 平成12年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本産婦人科腫瘍学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
山谷日鶴

助教

山谷 日鶴

YAMATANI HIZURU

卒業年度: 平成15年山形大学卒
学  位: 医学博士
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本女性医学学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医
松尾幸城

助教

松尾 幸城

MATSUO KOKI

卒業年度: 平成11年 岩手医科大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産科婦人科内視鏡学会
日本性感染症学会・代議員
日本受精着床学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
日本性感染症学会認定医
日本生殖医学会 生殖医療専門医
清野学

助教

清野 学

SEINO MANABU

卒業年度: 平成20年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
日本癌学会
日本臨床細胞学会
日本血栓止血学会
日本癌治療学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
学  位: 医学博士
渡辺憲和

大学院生

渡辺 憲和

WATANABE NORIKAZU

卒業年度: 平成20年新潟大学医学部卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本周産期・新生児学会
日本産科婦人科内視鏡学会
日本人類遺伝学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
日本周産期・新生児医学会 周産期(母体・胎児)専門医
西美智

医員

西 美智

MICHI NISHI

卒業年度: 平成20年 山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
母体保護法指定医
松川淳

助教

松川 淳

MATSUKAWA JUN

卒業年度: 平成21年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本産科婦人科内視鏡学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
杉山晶子

大学院生

杉山 晶子

SUGIYAMA AKIKO

卒業年度: 平成22年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本周産期・新生児医学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
榊宏諭

大学院生

榊 宏諭

SAKAKI HIROTSUGU

卒業年度: 平成22年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
日本癌治療学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
竹原功

大学院生

竹原 功

TAKEHARA ISAO

卒業年度: 平成22年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本生殖医学会
日本受精着床学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
深瀬実加

医員

深瀬 実加

FUKASE MIKA

卒業年度: 平成23年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本産婦人科医会
日本周産期・新生児医学会
日本女性医学学会
安藤麗

医員

出井 麗

IDEI URARA

卒業年度: 平成24年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本周産期・新生児医学会
西村杏子

医員

西村 杏子

KYOKO NISHIMURA

卒業年度: 平成24年 山形大学卒
所属学会: 日本産婦人科学会
渡辺智之

医員

渡辺 智之

WATANABE TOMOYUKI

卒業年度: 平成24年 自治医科大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
鈴木百合子

医員

鈴木 百合子

SUZUKI YURIKO

卒業年度: 平成25年山形大学卒
所属学会: 日本産婦人科学会
福長健史

医員

福長 健史

TAKESHI FUKUNAGA

卒業年度: 平成27年山形大学卒
所属学会: 日本産婦人科学会
佐藤藍

医員

佐藤 藍

TAKESHI FUKUNAGA

卒業年度: 平成27年山形大学卒
所属学会: 日本産婦人科学会

出向中スタッフ

小島原敬信

小島原 敬信

KOJIMAHARA TAKANOBU

卒業年度: 平成5年山形大学卒
学  位: 医学博士
所属学会: 日本産婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
日本がん治療学会
日本東洋医学会
資  格: 日本産科婦人科学会専門医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床研修指導医
マンモグラフィ読影専門医(B)
吉田隆之

吉田 隆之

YOSHIDA TAKAYUKI

卒業年度: 平成13年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本周産期・新生児医学会
日本東洋医学会
日本女性医学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
日本周産期・新生児医学会 周産期(母体・胎児)専門医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
臨床研修指導医
学  位: 医学博士
小幡美由紀

小幡 美由紀

OBATA MIYUKI

卒業年度: 平成17年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本周産期新生児学会
日本人類遺伝学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
日本周産期・新生児医学会 周産期(母体・胎児)専門医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
山内敬子

山内 敬子

YAMANOUCHI  KEIKO

卒業年度: 平成19年山形大学卒
学  位: 医学博士
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本周産期・新生児医学会
日本女性医学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
日本周産期・新生児医学会 周産期(母体・胎児)専門医
石田博美

石田 博美

HIROMI ISHIDA

卒業年度: 平成20年 山形大学卒
所属学会: 日本産婦人科学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
成味恵

成味 恵

NARUMI MEGUMI

卒業年度: 平成20年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本女性医学学会
日本婦人科腫瘍学会
日本臨床細胞学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
学  位: 医学博士
高橋可菜子

高橋 可菜子

TAKAHASHI KANAKO

卒業年度: 平成21年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本周産期・新生児医学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
鈴木聡子

鈴木 聡子

SUZUKI SATOKO

卒業年度: 平成22年山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
日本周産期・新生児医学会
日本生殖医学会
日本産科婦人科内視鏡学会
日本内分泌学会
日本受精着床学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医

奥井陽介

奥井 陽介

YOUSUKE OKUI

卒業年度: 平成26年 山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
丸山真弓

丸山 真弓

MAYUMI MARUYAMA

卒業年度: 平成23年 山形大学卒
所属学会: 日本産科婦人科学会
資  格: 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
中井奈々子

中井 奈々子

NANAKO NAKAI

卒業年度: 平成25年 山形大学卒
所属学会: 日本産婦人科学会

スタッフの声

奥井陽介先生(研修医1年目)

将来は子供に関わる診療科を選ぼうと大学入学時から考えていました。大学3年生のときに母が婦人科疾患に罹患し手術しました。そこから産婦人科に関心を抱き始め、さらに婦人科腫瘍にも興味があり、産婦人科医になろうと考えました。
山形大学を選んだ理由は、やはり出身大学であることは大きなメリットだと考えたからです。また学生時代から産婦人科の講義はとてもわかりやすく印象的でした。教育体制が整っており、ここでなら今後の医師としての人生において色々な研鑽を積めるのではないかと思い入局を決めました。

中井奈々子先生(研修医2年目)

元々座学でも面白いなと思っていましたが、産婦人科を選んだ1番のきっかけは臨床実習で回った時の楽しさ、先生方の人柄への一目惚れでした。県外出身ですが、山形に残り一緒に働きたい!という気持ちが実現し、今は毎日が充実しています。

西村杏子先生(専攻医1年目)

私は学生時代の講義で女性ホルモンについて習い、初めて産婦人科に興味を持ちました。実習を通して、産婦人科の分野の広さや若い方から高齢の方まで関われることに魅力を感じ、産婦人科を選びました。山形大学では生き生きと仕事をしている若手の先生が多く、先生方に助けられ、また刺激を受けながら研修できるのではないかと感じています。

深瀬実加先生(専攻医2年目)

3年生の時、研究室研修で面倒をみてもらったのがきっかけです。病院実習でも多くのお産に立ち会わせて頂き、感動と女性の偉大さを感じさせられました。そこから同じ女性として、世の女性、お母さんの手助けができればと思い、産婦人科に決めました。
山形大学を選んだのは、やはり母校だからという理由が大きいです。3年生からお世話になり、その雰囲気の良さに一番惹かれました。働き始めてからも多くの専攻医の先生方と働くことができ、何でも聞きやすい雰囲気でした。いろいろ相談がしやすく、情報が得やすいという意味と、EBMに基づいた医療を学ぶという点では大学病院での研修がいいと思います。

渡邉憲和先生

私は新潟大学を卒業後、出身地である三重県で初期研修を行い、後期研修から入局しました。山形県に来たのは妻が山形出身だったからですが、入局後は基礎的な知識、手技から丁寧な指導を受けることができました。当医局は山形大学出身の医師が多いですが、他大学出身や他の地域で初期研修をされた方でも不安なく研修を受けて頂けます。入局についてはいつでもご相談ください。